HOME>イチオシ情報>甘く考えてやると、痛い目に遭いますので注意

プロダクション系列は有利

女性

声優になるためには、声優専門の専門学校に通うのが必須といえます。まず、演技は独学で学ぶことができませんし、きちんとした演技が出来ないのであればお話になりません。そこで専門学校に通うわけになりますが、プロダクション系列の学校に通うのがベストです。これは、学校を卒業しても直ぐに活動できるとは限らないからです。卒業後はプロダクションのオーディションを受けて、プロダクション側から預かりという形で一時的に所属することになります。その預かり期間に結果を出せれば、改めて本所属となり、この部分が声優として本格的に活動できるようになります。プロダクション系列は、大学での付属校推薦のようなシステムがあるところがあり、プロダクション系列ではない専門学校よりプロダクションからお声がかかる確率が高いです。そして、講師もプロダクションで第一線で活躍している人が務めることがありますので、内容が濃い授業となりベテランの技を盗める機会が多いです。

講義は様々

マイク

声優の専門学校ですので、基本的な発声練習と早口言葉の授業はあります。演技指導の授業もあります。しかし、中には変わった講義もあります。例を挙げればパントマイムと日舞です。これは、演技力向上のために行っている講義です。専門学校ですので、平日の日中の講義の所もあれば、土日に講義を行っている専門学校もあります。土日に講義を行っている専門学校は主に大学に通学していたり会社勤めの人を対象としています。最近の声優ブームで、なりたがる人が増えてきているためにこのような学校が最近増えてきています。そして、大抵はプロダクション系列の学校が多く、大抵は二年間通学することになり、その期間で声優に関する事を学びますので、ここに通学しなければ道は開きません。

広告募集中