専門学校と提携しているところもある

絵コンテ

かつては、アニメなどはそれほどたくさん放送されていませんでしたが、平成になってから非常に多くのアニメが放送されるようになりました。アニメに感銘を受けた人も多く、イラストレーターになりたいと考える人も出てきました。もしその道を選ぶ場合、従来ならば専門学校からイラストを描く道を選びますが最近は高校生でそれらを学ぶことができるようになりました。高校にも様々な学科があり専門のところに行くとイラストを描き本格的な技術を身に付けることができます。なぜ、学校の先生にそのようなことができるかといえば、専門学校等と提携しているようなところがあるからです。そのようなところにお願いすることで、プロも顔負けの絵を描くことができるようになるかもしれません。

普通科目の勉強する必要がある

吹き出し

イラストの学科がある高校に行く場合、今までの国語や数学などを勉強しなくて良いのではないかと勘違いしている人もいます。ですが実際には、いくらイラストの高校に行ったからといって今までの主要5科目や9科目の勉強はついてまわります。学年が上がるにつれて、イラストに時間を費やすことができる仕組みになっており、より専門的な学習ができるのは間違いありません。ただそうは言っても、高校3年生になった段階でもやはり5科目の勉強は必要です。

実際に体験をしてみよう

描く人

高校を選ぶ場合には、ある意味その人の人生を決めかねないものになります。もちろん高校で人生が全て決まるわけではありませんが、どの高校に通う日によって大きく将来の進路が変わることもあるかもしれません。そのように考えれば、本当にイラストの高校に行って良いのか疑問に感じる人もいるでしょう。そこで、まずは体験入学などをしてみる必要があります。たいていの高校では、夏から秋にかけて体験入学ができるようになっています。

体験入学で知っておきたいこと

女の子イラスト

イラストの高校選ぶ場合には、体験入学が重要になりますが体験入学は単にそこに数時間説明を聞けば良いわけではありません。いくつかの見所がありますので、よく見ておくことが必要になります。1つ目のポイントは、学校の雰囲気です。学校の雰囲気は、その人の感じたままになるでしょう。どこか自分の考えている雰囲気と違えばそこで3年間過ごすのは厳しいと考えてよいです。なかなかパンフレットやホームページ等だけではわからないものがあります。場合によってはそこから、進路変更することも十分可能です。後は、先生にどれだけ熱意があるかも重要になります。先生によって熱意は異なりますがやはり熱意のある所の方が学びが多くなるのは間違いないでしょう。

広告募集中